蘇るクィーン

  • 2018.12.15 Saturday
  • 21:57

JUGEMテーマ:日記・一般

 私の中学生当時、クラスの中のロック好き女子は、ベイシティローラーズ派とキッス派に分かれていた。しかしクィーンは男女どちらからも人気があったのを覚えている。
 そういう私もクィーンは結構好きだった。特に映画のタイトルにもなっているボヘミアンラプソディーとsomeboday to love(邦題愛にすべてを)は傑作であり、私にとって思い出深い曲だ。
 私が渡米して数年後にフレディがエイズで急逝し、NYでもラジオで頻繁にかかり、イギリスでは再びボヘミアンラプソディーがヒットチャートで1位になった。そして2018年、映画化により三度ボヘミアンラプソディーに、いやクィーンに注目が集まっている。不死鳥のようなバンドだ。
 こんな記事書いているのに映画まだ見に行ってない。やばい、早くいかなきゃ!

スポンサーサイト

  • 2019.02.21 Thursday
  • 21:57
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << March 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM