ポーランド戦を前に

  • 2018.06.26 Tuesday
  • 10:19

JUGEMテーマ:日記・一般

 ポーランド戦を前にセルジオ越後さんなみに苦言を呈したいと思います。
 セネガル戦は健闘しました。私の負の予想を覆してくれて本当によかったのですが、厳しく言えば勝てた試合だったのに勝ちきれませんでした。なのにテレビでは褒めるばかり。
決定的なチャンスに空振りする大迫は「半端ね〜」と、とてもじゃないが言えません。本田はたしかにワールドカップにおいては得点するなにかを「持っている」でしょうが、最近はパスミスやトラップミスも多く、チームのチャンスをつぶしたり危険にさらしたりしています。長谷部も守りをしっかりしようとしているのはわかりますが、ファールして相手を止めることが多いのが心配です。川島の不安定さは言うまでもありませんが、最初の失点は彼だけのミスではなく、その前の原口のクリアミスに発端がありました。
 このように日本は健闘していますが、不安要素がいっぱいです。そして、3戦目はランキング上位のポーランド。すでに予選リーグで敗退が決まったという状況はかえって危険です。ポーランド人は祖国がなくなった歴史があり、国にたいする思いやプライドが非常に高い国民です。1勝もしていないこの状況は彼らをこれまでになく奮い立たせる可能性があります。
 日本はコロンビア戦セネガル戦の反省をして2戦目を勝ちきれなかった口惜しさを忘れずにポーランド戦を戦わなかったら、「マイアミの奇跡」と呼ばれながら結局決勝リーグに勝ちあがれなかったアトランタオリンピックの2の舞になるでしょう。
 前回の記事同様、そうならないシナリオ、地力で決勝リーグに進むシナリオになることを望んでいるのは言うまでもありません。
p.s. 今や何か日本が勝つのが当然のような雰囲気にややなっていますが、地力ではポーランドが上だということを忘れてはいけないです。普通にいったら勝てないですよ!何度も言いますが最高の集中力をもって戦わないといけないです。

スポンサーサイト

  • 2018.09.20 Thursday
  • 10:19
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM