大震災から2年

  • 2013.03.11 Monday
  • 14:02
JUGEMテーマ:日記・一般
 あの日から今日で2年。 月日が経つのは早い。
 しかし、復興はあまり進んでいない。原発事故の原因や現状も色々言われているが、未だに明確な情報が政府や東電から国民に伝えられない。
 にもかかわらず、大きな被害のなかった国民の大半がこの震災をもう過ぎてしまったものとして捉えているように思える。
 今何ができるのか、もう一度考えよう。自身にそう問いかけている。
ドナルド・キーン氏の言葉を載せておく。ぜひ一読を。

 「率直に言うと、がっかりしています」――。日本国籍を取得した日本文化研究者のドナルド・キーンさん(89)は、8日の記者会見で「鬼怒」の雅号通り、震災後の日本の状況にあえて苦言を呈した。
「日本人は力を合わせて東北の人を助けると思っていました」。会見で終始朗らかなキーンさんだったが、震災の話になると表情が引き締まった。そして、「東京は(電気が)明るい。必要のない看板がたくさんある。東京だけではない。忘れているんじゃないか。まだやるべきことは、いっぱいあると思います」と語った。
「わたしは今まで、ある意味、日本のお客さんだった」と振り返ったキーンさんは、国籍取得を機に日本の現状に意見を言うことも考えている。「もしいいことができるとすれば、私のためでなく、日本人のためだと思います」と話した

2012年3月9日08時54分  読売新聞)

スポンサーサイト

  • 2017.11.12 Sunday
  • 14:02
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM