すきやばし次郎って、、。

  • 2014.04.23 Wednesday
  • 08:54
JUGEMテーマ:日記・一般
 今日来日するオバマ大統領が「すきやばし次郎」に行きたいって言ってるらしいですね。
私この店に行ったことありません。っていうか、予約しようと思って数日にわたり色々な時間帯に合計100回くらい電話しましたが、いつも通じませんでした。さすがに、受話器を上げているのではとか、発信者通知にしてかかってくる番号によって差別しているのではなどど勘ぐりたくなりました。
少なくとも電話に応えるようにしてもらいたいです。
 私はこんな店行ってみたいとはもう思っていません。

絶品「鮨わさび」

  • 2013.12.29 Sunday
  • 08:31
JUGEMテーマ:日記・一般
 久々に美味しい鮨を食しました。 いいネタと丁寧な仕事、真面目で性格のいいオーナー兼職人、こじんまりしているがいい氣の流れる店内。客は我々2人だけ、しかもそれが大好きな古い友人(あとで別の客2人が来たが、、)。どれも私の好みですばらしい時間を過ごすことができました。
 オーナー兼職人は私の友人なのですが、実は開店以来私は訪れていませんでした。(ごめんなさい、けんじ君)
もっと早くから行っておけばよかったとちょっと悔やんでいます。
 隠れ家的なこの鮨屋のことを本当は教えたくないのですが、この店がなくなっては困るので今回ご紹介いたします。
ちょっとわかりにくいところにありますが、ぜひぜひ行ってみて下さい。

「鮨わさび」
東京都港区南麻布2-2-3 エクレール南麻布2F
03−5232−9085
日、祝日は休みです。カードは使えません。
食べログのサイトは 
http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13058224/

 

有名店のラーメンに思わず「やられた〜」

  • 2013.12.06 Friday
  • 14:04
JUGEMテーマ:日記・一般
 地元では比較的有名なY店でラーメンを母と食してきた。
行きたくて行ったわけではなく、無料券があったので行ったまでだった。
 店内は比較的混んでいたが、すぐに席に案内された。私はラーメンセットで母はチャーシュー麺を注文した。
さてその結果だが、思った以上に悪かった。
ラーメンは醤油味だったが、スープの温度がぬるくコクがない上に無駄に油っぽい。麺はストレート麺で良くも悪くもない。チャーシューは箸でつかもうとすると崩れてしまうほど柔らかい。柔らかいのはまあいいが、味がない。定食のコロッケも味があまりしない。
薄味と言えば聞こえはいいが、正確に言えば薄味ではなく味がしないのだ。
 この程度の味でどうしてここまで客がくるのか謎である。たぶんこの辺の人は味オンチなんだろう。母もその不味さに閉口して、帰り道にコンビにによって口直しと言ってカップラーメンを買っていったほどである。
 Y店にはもう決して行かないことは言うまでもない。


 

侮れないニューヨークワイン!

  • 2013.10.31 Thursday
  • 16:24
JUGEMテーマ:日記・一般
 ニューヨーク時代の友人がニューヨークワインを日本に広めようとビジネスを始めた。
私もニューヨーク在住時代からわりと飲んでいたのでその質の良さは知っていたが、昨日前述の友人主催の試飲会に招待され、それを再認識することとなった。
 まだ日本では馴染みの少ないニューヨークワインだが、ぜひ試されることをお薦めする。
彼のウェブサイト(GO-TO WINE)
http://gotowine.jp/

 
 

山形のさくらんぼ!

  • 2012.06.30 Saturday
  • 10:53
JUGEMテーマ:グルメ
 さくらんぼは好きな果物ですが、この山形のさくらんぼは実に美味しい!
従姉妹の旦那が山形出身で、昨日頂きました。
早速食しましたが、うーん、やっぱり絶品です。

 

レストラン ル・レカミエ

  • 2011.06.10 Friday
  • 10:34
JUGEMテーマ:日記・一般
 知り合ったばかりのK氏と彼の友人のK子さんの3人で先日集まり楽しい時間を過ごしました。
場所は六本木ヒルズ裏の隠れ家的なフレンチレストラン・ル・レカミエ。
実はこのレストランは私の昔の勤め先の近くにあり、私も23年前に2回ほどランチを食べたことがありました。昔通った通勤路を歩いているうちに一瞬懐かしい感じにも包まれましたが、多くの店が変わり時の移り変わりを感じました。
 K氏はここを何度も利用しているようでオーナーシェフとも親しく話していましたが、驚いたのはこのシェフは、4人の剣道範士9段(斉藤正利、長谷川寿、中野八十二、佐藤毅)を同じ中学から輩出した新潟の新発田出身で、昔から剣道を続けているとのこと。(シェフは佐藤毅先生に習ったとのこと。)
 私が剣道をやっているとわかると私との剣道談義に花が咲いてしまい、デザートをおまけしてくれました。
 だからといって褒めるわけではないんですが、、このレストランの味は昔から変わらずいい味をしていました。昔も今回もジビエ料理を食しましたが、よくある日本のフレンチレストランのジビエ料理とは違い本場に近いように私は感じています。また暖かい家庭的なサービスも特徴であることを付け加えておきます。
 シェフとの剣道談義も含めてまた訪れたいレストランです。

ル・レカミエ

東京都港区元麻布3-2-3
電話 03-3408-5044

日本のパン屋さんに物申す

  • 2011.01.22 Saturday
  • 07:30
JUGEMテーマ:日記・一般
 最近のパン屋さんどこも見た目は美味しそうな感じがします。見た目だけでなく実際に美味しいお店も増えています。(残念ながら見掛け倒しの店が私の地元には多いのですが)
 ただ、一つ残念なんですが、日本のパン屋さんはどこも柔らかくてモチっとしたパンが主流ですよね。私がポーランドやチェコなどでよく食べるソフトでないしっかりとしたパンを作るパン屋さんは少ないですね。まあ、東京ならばそういうパンを作る店もあるでしょうが、私の地元の方ではありません。
以前そのことでポーランド人の前妻がよく文句を言っていたの思い出します。当時川越にその手のパンを1種類だけつくるパン屋があったので車で1時間以上かけてよく買いに行ったものでした。
ソフトなパンも好きなんですが、私がヨーロッパで普段食べている硬いパン(硬いっていうとちょっと正確ではないんですけど)も大好きなので、たまに食べたくなるんですよね。
地元にそういう店が出来て欲しいなってちょっと思っています。

渋谷 「ショパンナイト」

  • 2011.01.10 Monday
  • 19:18
JUGEMテーマ:日記・一般
 鎌倉とtakkie夫妻にサヨナラして、その足で渋谷に直行。私の友人たちが7人集まりマチェックと飲む手はずとなっていました。やや早く着いたのでヤマダ電機で買い物し、ファミレスでお茶を飲んで時間を潰しましたが、マチェックは渋谷の人の多さにびっくりしていました。ポーランドではこんな人混みはまず見ることができませんから当然と言えば当然です。
 集まったのは昨年にオープンした渋谷のバー、「ショパンナイト」。現在日本唯一のポーランド料理を出すバーです。(名古屋にあったレストランは閉じてしまったらしいです)
行ってみると想像していたよりもかなり小さく、テーブル席が一つとカウンターのみでした。残念ながらポーランドのビールは置いてありませんでしたが、ポーランド産のウォッカやリキュール類はたくさんあり、またいくつかの典型的なポーランド料理を味わえます。味は、、、、正直言って普通です。私は本場で数倍美味しい料理を味わってしまっているので、どうもそれに比べるといまいち感は拭いきれませんでした。ただ、今ポーランドを感じさせてくれるバーは日本で唯一ここだけなのでまた行ってみたいと思います。ちょっと分かりにくい場所にあって隠れ家的なバーなのでぜひ出かけてみてください。
Infoは
http://www.chopin-night.jp/
東京都渋谷区宇田川町34-6M&Iビル3F





老舗 鰻料理 「渋谷松川」の新店舗 「ひょっとこや」

  • 2010.11.15 Monday
  • 10:03
JUGEMテーマ:日記・一般
 昨日は久々に稽古をせず、東京に出かけました。遊びに行ったわけではなくアメリカの国税局に提出しなければならない書類作成のために友人の修に会いに行きました。
米国公認会計士の資格を持つ修にかかれば私には難しい書類でも短い時間で完成です。さすが修!
 その作業中に共通の友人の隆太郎から修に電話。彼らの幼稚園の同級生が新しいお店をこの日に開店するのでお祝いに駆けつけようとのこと。私も加わることとなり夕方に新店舗で集合という運びとなりました。
 開店日ということでスタッフも慌しくしていましたが、修と隆太郎の友人の若オーナーは丁寧に対応してくれました。ただ隆太郎は、以前本ブログでも紹介しましたが、有名イタリアレストラン「キャンティ」のオーナーだけあって同業者の目で厳しく気づいたところを意見していました。もちろん仲のいい同級生だからはっきり言えるんですけど。

 この新店舗というのは、老舗鰻料理店 「渋谷松川」のお店で「ひょっとこや」というお店です。
お店の情報は下記の通り

住所:渋谷区桜丘町23番地21号
電話:03-6416-0320
営業時間: 午前11時30分〜午後10時まで

ちなみに渋谷駅交差点近くの渋谷松川本店、渋谷東急プラザ店、東急東横店もありますので渋谷で美味しい鰻をたべたくなったらぜひ行ってみてください。

 

モンテネグロの旅 −ワイン

  • 2010.10.03 Sunday
  • 20:57
JUGEMテーマ:グルメ
 9月2日 初めてモンテネグロの地を訪れました。
プラハからウィーン経由で首都のポドゴリツィアに降り立ちましたが、空港が日本の地方空港ほどの規模でした。モンテネグロが人口62万、面積は福島県ほどの大きさということを考えれば無理からぬことでしょう。
 到着後すぐにホテルにチェックインして、今回のセミナーと試合の中心となったスルジャンと遅めのランチへと出かけ、イタリアンレストランですぐに彼の自慢する赤ワインを飲むことにしました。



今回の滞在では上の写真のワインだけでなく、赤白たくさんのモンテネグロワインを試しましたが、中にはイマイチのもありましたが、総じておいしかったです。かなりモンテネグロワイン気に入ってしまいました。日本ではどのくらいの値段がするのかわかりませんが、あとで調べてみたいと思います。
ちなみにモンテネグロはイタリアと海を挟んで隣なので、イタリア料理は比較的レベルが高くおいしいです。日本食は殆どないようなので私がラーメン屋でもやりましょうかね?(これ山中先生のご提案です)

PR

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM