スポンサーサイト

  • 2017.04.17 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    浅田真央さん

    • 2017.04.12 Wednesday
    • 13:42

    JUGEMテーマ:日記・一般

     フィギュアスケーターの浅田真央さんが引退しました。

    私の関心度は世間よりも低いのですが、少しだけ感想を述べたいと思います。

     まずフィギュア選手として。 

     女王とでも言える実力を持ちながら、決して運がよかったわけでもなく、また(その影響もあってか)勝負強かったわけでもありませんでした。特に五輪においてはそうでした。トリノ五輪に出られなかったこと、またバンクーバー五輪までのコーチ選択(私はタラソワコーチ選択は失敗だったと思っています)を含む戦略ミス等々。

     このバンクーバー五輪は金妍児選手との巌流島の戦いのごときの決戦でしたが、これに完敗してしまったショックはその後の彼女に大きく影響してしまったと私は思っています。ソチ五輪のショートを失敗したのはこのときのトラウマが原因だったのではないでしょうか。

     結論を言えば、一番の目標であった五輪の金を取れず、しかもライバル金妍児にその五輪で2度完敗してしまい、競技者としては決して勝者ではありませんでした。

     しかしながら、彼女は日本だけでなく世界中で愛されるスケーターになりました。これはなぜなんでしょうか。

    わたしはこう感じます。一つは女子の世界ではまだ成功者が数えるくらいしかいないトリプルアクセル(3A)を美しく跳べたからだと思います。伊藤みどりさんの3Aの高さや見事さは今もってなお群を抜いていますが、浅田さんのそれは美しさがありました。彼女はそれだけ3Aに強いこだわりがありました。ある意味金メダルよりもこの3Aにこだわっていたのかもしれません。3Aをもって金メダルというのが彼女のベストシナリオだったのでしょう。
     そしてもう一つが、(これが大事なんですが)彼女が持っている人間性。彼女は単にいい人というだけでなく、芯の強さと優しさプラスαをもつ、太陽のようなオーラを持っているように私には感じられます。菩薩のようなと言ったら言いすぎでしょうか?
    私は彼女の最大の魅力はこの人間性だと思います。トップアスリートで人間性がずば抜けてすばらしければ世界中で人気がでるのも当然でしょう。
     私は正直言うとフィギュアスケーターで金メダルを競う浅田選手よりも引退してからの彼女のほうが楽しみです。彼女にはさらに輝く未来があると私は感じるのです。

    おめでとう!長谷川穂積選手

    • 2016.09.17 Saturday
    • 00:43

    JUGEMテーマ:日記・一般

     山中、長谷川両選手がそれぞれタイトルを保持、奪取しました。
    どちらも見事な戦いでしたが、私は特に長谷川選手の戦いを称賛したいと思います。
    三階級制覇を成し遂げた名チャンピオンですが、彼は本当ならばもっと結果を残せていた選手だと私は思っています。
     彼がその勢いを失ったターニングポイントとなったのはモンティエル戦でしょう。あれに勝っていればもっといい結果を残せたはじです。でもそのモンティエル戦ですが、モンティエル選手のグローブの不正疑惑があったのはご存知でしょうか。
     6年前に私も試合を見たときの長谷川選手の倒れ方、また試合後長谷川選手が顎を骨折したと聞いて、モンティエル選手は強打だが、そこまでだろうかと疑問に思ったのを覚えています。
    今日のウーゴ・ルイス選手はさらに強打の持ち主ですが、長谷川選手はモンティエル戦のように打たれるシーンはありましたが、なんとか耐えています。もちろん色々な要素があるので簡単に判断してはいけませんが、個人的にはモンティエル選手のグローブはかなり怪しかったと今あらためて感じています。
     あのモンティエルのワンパンチをもらう前までは、長谷川選手が明らかにリードしていました。長谷川選手の方が一枚上手だと感じさせてくれました。スポーツの世界で「もし」は禁物ですが、もしあれに勝っていたらと思うと、惜しいなという気持ちがどうしても少し出てきてしまいます。
     長谷川選手はあの試合以降、それまでの輝きを少しづつ失ってしまいました。正直もう引退だと思いました。あとは最後の散る場を探しているかのように見えました。しかし、今日の試合でその予想を見事に覆してくれました。彼は本来持っていたものを最後の最後で爆発させました。長谷川選手はやはり歴史に残る名チャンピオンでした。見事です。並の元チャンピオンならまず負けていたでしょう。遠回りした感はありますが、見事に3階級王者となって本当によかったです。今一度おめでとうと言いたいです。

    失望、日本のサッカー!

    • 2016.09.01 Thursday
    • 21:34

    JUGEMテーマ:日記・一般

     わかってましたけど、日本のサッカー本当に成長してない!特にディフェンス。(ま、攻撃も新たな戦力が育ってませんが)
    こんな状態ならワールドカップ行けるはずないし、行っても勝てるわけないから、予選で負けた方がいい!
    前回のワールドカップから何を学んでいるんだろう?何も総括してない気がするんだけど、、。Jリーグも全然レベル上がってないしね、、。もう日本のサッカーは当分見ません。

    9秒8台のボルトなんて、、。

    • 2016.08.15 Monday
    • 11:36

    JUGEMテーマ:日記・一般

     決勝を9秒8台で勝つボルトなんて、あまり感動しません。

    でもそんなボルトに勝てない他の選手はダメですね〜。

    ロシア選手オリンピック不参加!

    • 2016.07.22 Friday
    • 08:54

    JUGEMテーマ:日記・一般

     国家ぐるみのドーピングでロシアの陸上選手がリオオリンピックに参加できなくなりましたね。もちろんロシアは猛省すべきです。
    でも、潔白だった選手まで参加できないっていうのはどうなんでしょうね。
    国家と選手は切り離して考えるべきではないでしょうか。
     p.s. その後の報道を見聞すると、現段階ではアメリカに在住している2名だけは潔白が証明できているのですが、どうやら他の選手は潔白かどうかを判断できず、だからまとめて不参加にせざるをえないということらしいですね、、。それが本当ならこの話は難しいですね〜。

    ピート・ローズの余計な言葉

    • 2016.06.16 Thursday
    • 12:44
    JUGEMテーマ:日記・一般
     イチロー選手の安打記録に対してピート・ローズが、「日米合算の記録は認めない。日本の野球はメジャーよりも劣る」と主張している。もしそれが正しかったとしても、自らこういうことを言うところにピート・ローズという人間性が出ている気がする。
    こんなこと言わなければいいのに思うのはよもや私だけではあるまい。

    2020年東京オリンピックへの懸念

    • 2015.09.01 Tuesday
    • 15:01
    JUGEMテーマ:日記・一般
     1964年の東京オリンピックは戦後日本の復興の象徴となった。
    だが、新国立競技場問題やエンブレム問題を見るに、2020年の東京オリンピックは、日本の経済的・文化的・政治的な凋落の象徴となりはしないかと心配なのである。

    サッカー日本代表の今

    • 2015.06.16 Tuesday
    • 21:26
    JUGEMテーマ:日記・一般
     サッカー日本代表の実力は大したもんじゃないです。女子代表よりもさらにひどい。そんなのワールドカップのときに思いしらされましたよね。
    冷静に見てるのはセルジオ越後さんくらいじゃない?
     このままじゃ、ロシアワールドカップも行けないと思うよ。そのくらい危機感持たないと。
     

    FIFA女子ワールドカップ2015 なでしこ初戦

    • 2015.06.09 Tuesday
    • 12:44
    JUGEMテーマ:日記・一般
     まだスイスとの試合中ですが、なでしこジャパンはひどいですね。
    パスミス、ボールコントロールミス、球際の弱さ、など悪い点が目立ちます。もちろん他国のレベルがどんどん上がっているという状況がありますが、これでは戦術云々の以前の問題です。若手が伸びていないのも痛いですね。
     正直いってこれでは予選リーグ勝ち上がるのがやっとではないでしょうか。

    総括・反省しない人たち

    • 2015.03.13 Friday
    • 15:18
    JUGEMテーマ:日記・一般
     サッカー日本代表新監督にハリルホジッチ氏が決まった。決まった以上は彼の指導が日本代表をよき方向に導いてくれることを祈っているのはいうまでもないが、これに対しての元代表の城彰二氏のコメントが気に入ったのでほんの一部を紹介する。

    「私は誰が監督になっても現状のJFA(日本サッカー協会)の組織としての考え方や体質が変わらない限り、何も変わらないという意見を持っている。ー中略ー 私は繰り返して発信しているが、昨年のブラジルW杯で敗れた日本代表の何が通用して、何が通用しなかったのか。今後、向かうべきサッカーのスタイルは、どんなもので、そのためには何が必要なのかという具体的な総括が今なおされていない。」

     非常に納得できる意見だ。特にブラジルW杯に関しての総括に関しては激しく同意したい。惨敗だったのにもかかわらず、総括・反省の声が届いてこない。
     JFAの幹部しかり、東北大震災による原発事故の総括・反省のできないお偉方しかり、どうもこの国の組織の幹部や指導者は、総括し、責任の所在はっきりさせ、反省することができない人が多いようだ。
    自文化・自民族の素晴らしさを認識するのもいいと思うが、同時に失敗や欠点もしっかり見つめる目を持ちたいものである。

    PR

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << August 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM