白鵬関の大きな勘違い

  • 2017.12.06 Wednesday
  • 11:04

JUGEMテーマ:日記・一般

 ここ数週間毎日のように相撲界の暴力事件が報道されていて、うんざりしているところだが、横綱というものに関して一言言わせていただきたい。
 現横綱の白鵬関が「勝つことが品格」だと発言していたが、大きな勘違いと言わざるを得ない。横綱という最高位の者がこの程度の認識とは驚きである。これは白鵬個人の責任だけでなく、親方や相撲協会の責任もある。
 元々相撲の最高位は大関であった。そして後に、その大関の中でもことさら強く品格のある、相撲の神にも近いような者を横綱とすることにしたのだ。元から横綱になることは品格を伴うことだったのだ。つまり基本的に”待った”や張り手やかちあげ(白鵬の場合はさらに悪く肘打ちだ)をしないというのは、言わなくとも皆当然の理だったのだ。
ただ勝つだけの力士なら大関止まりだ。こんなことは相撲の常識だったのに、、、。
 とにかく勝つことにこだわって、そこに面白みを見出したければUFCやその他の格闘技がごまんとある。それはそれで面白いし素晴らしいことだ。ただ相撲はそれとは違う文化なのだ。
 外国人の力士や相撲のついての理解が足りない最近の若い力士のためにも、相撲協会は今一度横綱になるための条件を、単に大関で何勝することとかだけでなく、はっきりと説明した方がいい。
 また横綱昇進後に土俵上で品格のない行為をあまりにもするならば、休場や減俸といった処置を与えるべきだと思う。
私は、優勝後のインタビューで白鵬関が万歳を促したことや意見を言ったことは別にいいと思うが、土俵上での度重なる張り手や肘打ちやダメ押しまた行事に対する抗議には、厳重注意だけでなく、数場所休場等の厳しい処分を下すべきだと思っている。
 勝ちにこだわる文化、品格や勝つ過程にもこだわる文化、どちらも大事だ。ただ昨今、結果(勝ち)ばかりにこだわる風潮があまりにも強い中で勝つ過程にこだわる文化が無くなっていくのではないかと危惧している。こういった文化が少数なのはある意味当然なのかもしれない。しかし少数でもいいから、しっかりと残していくことが大事なのだ。

私の第3次ジャズブーム

  • 2017.11.12 Sunday
  • 14:10

JUGEMテーマ:日記・一般

 私がモダンジャズを聴くようになったのは中学生のときだった。叔父の影響からだった。

最初に聞いたのは当時埼玉の皆野でライブをやったアート・ペッパーだった。ただ当時はまだマイブームと言えるほどの熱の入れようではなかった。

 しかし高校時代になり、わたしの第1次ジャズブームが始まった。小遣いやお年玉はジャズのレコードやカートリッジ針に消えていった。その熱はさらに高まり、初めてのコンサートも東京・日本青年館でのソニー・ロリンズ。アンコールに応え、最後に演奏した「アルフィー」は今でも忘れられない。
 時は過ぎ、第2次ブームはNYに移り住んでからだった。CDを買わなくとも街にジャズが溢れていた。多数のジャズクラブはもちろん、無料の野外コンサートやストリートでも聴くことができた。そこには日本で聴くレコードのジャズと一味も二味も違うジャズがあった。今でもそのころを思い出してはCDを聴いている。
 そして長いNY生活から帰国し10年も経った今、その第3次ブームの真っ最中である。生の音は忙しくてたまにしか聴けず、オーディオ装置も満足なものはいまだ買っていない中、主に車の中で大音量で聴いている。
 第3次ブームは、いくつかの傾向を持って聴いている。それは、1.聞き逃していた所謂名盤を聴く、2.以前食わず嫌いしていたものを聴く、3.好きなミュージシャンの初期から後期(最近のもの)に渡って聴く、4. 最新のジャズも聴く、というものだ。
 不思議なもので中高時代あまり好きでなかったり食わず嫌いしていたものが大好きになったり、逆に好きだった作品があまり魅力を感じられなくなることもたまに起きている。そして世間ではそれほど評価されていないが実は素晴らしいと個人的に思える作品と出会うこともあり、これがまた堪らないのだ。
 おそらくこの私的名盤リストはまた変遷していくのであろうが、その時その時にいいと思った音を素直に聴きこんでいきたい。
さあ、日曜日の今日は何を聴こうか?

AIがもたらすものは?

  • 2017.10.14 Saturday
  • 11:16

JUGEMテーマ:日記・一般

 今後人工知能(AI)の進出と進化は止まらない。しばらくはその有用性は人間に幸福感をもたらすだろうが、いつの日か多くの人にとって不幸をもたらすのではないか心配だ。

 有名なホーキング博士は人類の終わりをもたらす可能性があると警告しているが、科学者の間では意見が分かれている。
吉と出るか凶とでるか、、私たちは人類史において最も大事な局面を生きているのかもしれない。
 しかしながら、その状況のなかでもコントロールできない人間の欲望、いいかえればAIの進化に比ぶべくもなくついていけない人間自体の生物学的進化を見ていると、否定的な未来がどうしても頭をよぎってしまうのである。

ファミリーヒストリー再開!

  • 2017.10.09 Monday
  • 08:38

JUGEMテーマ:日記・一般

 好きだったNHKの「ファミリーヒストリ」ーが再開しました。この番組はまさに「事実は小説より奇なり」。
つまらないドラマが多く見る番組が減っている中で、「ファミリーヒストリー」の再開を歓迎いたします。
 ところで、私も自分の先祖のこと調べていますがなかなか進みません。できればこの番組で藤原竜也を取り上げてくれないかな〜って思っています。彼は私のはとこにあたるので、彼が取り上げられる事で私の先祖がわかるからです。

淀んだ街

  • 2017.10.09 Monday
  • 08:02

JUGEMテーマ:日記・一般

 久々に夜の六本木に出かけました。
私が10代や20代だった頃とはずいぶん変わりました。以前は大人やかっこいい外国人が多かった街ですが、今は若い人やかっこわるい外国人が多く、以前よりライトのキラキラ感は増してますが、心のキラキラ感がなく、一言でいうならば淀んだ街。西麻布も然りです。そして一方で地方はどんどん寂れていっています。これが今の日本です。残念ながら。

交換留学生23人の剣道初体験

  • 2017.09.28 Thursday
  • 09:22

JUGEMテーマ:日記・一般

 熊谷市と姉妹都市関係にあるニュージーランドのインバーカーギル市からの23名の交換留学生が初めて剣道を体験しました。
現在通っている熊谷西高校の剣道部の生徒の力を借りながら、剣道着と袴を着装し素振りや基本打ちに挑戦。
指導していて思ったのは、彼らの純朴な様子です。インバーカーギル市に行ったことはありませんが小さな市で豊かな自然に恵まれているところなのだと容易に想像できます。そんな環境の中で彼らは素直に育っているんでしょうね。
 今回の体験がいい思い出になって、また滞在中に西高の生徒たちとの間にいい友情が育ってくれることを願ってやみません。

長かった腰痛の完治

  • 2017.09.25 Monday
  • 23:52

JUGEMテーマ:日記・一般

 8月14日から発症して1か月半。ようやく痛みも取れ(微小の違和感は残るものの)、明日から稽古再開できそうです。
とはいえ、再発が怖いのでいきなり通常の稽古はしないつもりです。素振りと基本打ちを主に短時間の稽古をする予定です。
これからは体のメインテナンスと休養をとることをしっかり、実践していかなくてはいけないと肝に銘じております。
 1か月半の休養は普通なら剣道にマイナスになるところでしょうが、そうはしたくないです。正直、リフレッシュできた感はありますので、これから気持ち新たに頑張れると楽観しています。元々、剣道一筋で生きてきた人間ではないですから、こういうのはある意味慣れっこなんです。

国難突破解散?

  • 2017.09.25 Monday
  • 23:24

JUGEMテーマ:日記・一般

 国難突破解散?消費税の使い道について国民に信を問う?よく言うよ、本当。日本どうなるんだ?

圧力?対話?

  • 2017.09.22 Friday
  • 23:50

JUGEMテーマ:日記・一般 

 大事なのは北朝鮮に武力行使させないこと。このままアメリカと一緒になって圧力加えるだけでいいのか?北朝鮮はまともな国でないのは周知の事実。いつぞやの日本のように窮鼠猫を噛むといった事態になるのを絶対に避けなければならない。

衆議院解散・総選挙って、、。

  • 2017.09.21 Thursday
  • 13:35

JUGEMテーマ:日記・一般

 自分達の都合で解散するのが見え見えです。そんなことで税金使うの本当にやめて欲しい。

PR

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM